人事部向けコラム)Pythonエンジニアの獲得方法について

表記のコラムが日本の人事部で公開されました。興味がある方はご覧ください。

お陰様でPythonは人工知能、機械学習、データ分析、ビッグデータ、インフラの自動化、Web等で中心的な技術として普及が始まっており、この1年でPythonの求人数は9位から4位に上昇し、求人数は前年比1.5倍前後で伸びています。

人工知能、機械学習、データ分析、ビッグデータ、インフラの自動化、Web等、どれをとっても大きな市場であり、それらの中心で活用されるのがPythonなので、求人数が急激の伸びるのもうなずけます。

それにともない、Python試験を運営する当団体[1] にPythonエンジニアを紹介してほしいというご依頼もいただくようになりました。(当団体[2] は人材紹介会社ではありませんので、お問い合わせをいただいても回答は致しません)このようなご依頼によくあるのが、Pythonエンジニアの求人を募集しても採用できないということです。

(この続きは以下をご覧ください)
https://jinjibu.jp/spcl/python-exam/cl/detl/4346/

関連記事

  1. Pythonの腕試しチェック!Python実践試験開始
  2. 人事部向けコラム「社員のデータ分析力を向上させることで会社の業績…
  3. 人事部向けコラム「非エンジニア向けのPython学習方法」
  4. 人事部向けコラム)Python試験の合格率75%。試験勉強の重要…
  5. 人事部向けコラム)再就職プログラムにPythonのデータ分析研修…
  6. 【人事部向けコラム】来年の新人研修にPythonをお勧めする理由…
  7. 人事部向けコラム)Pythonのお作法を無料でチェック!Pyth…
  8. 求人数大変動Java1位⇒9位、Python9位⇒4位
PAGE TOP