意訳ベータ公開)Upgrade to pip 20.2, plus, changes coming in 20.3

以下のブログを意訳ベータ公開しましたので、ご参考ください。
https://blog.python.org/2020/07/upgrade-pip-20-2-changes-20-3.html

Thursday, July 30, 2020
Upgrade to pip 20.2, plus, changes coming in 20.3
pip 20.2へのアップグレード、20.3では変更も
On behalf of the Python Packaging Authority, I am pleased to announce that we have just released pip 20.2, a new version of pip. You can install it by running python -m pip install –upgrade pip.
Python Packaging Authorityの代表として、pipの新バージョンpip 20.2のリリースをご報告します。python -m pip install –upgrade pipでインストールすることができます。

The highlights for this release are:
本リリースの主な特長:

– The beta of the next-generation dependency resolver is available — please test
– Faster installations from wheel files
– Improved handling of wheels containing non-ASCII file contents
– Faster pip list using parallelized network operations
– Installed packages now contain metadata about whether they were directly requested by the user (PEP 376’s REQUESTED file)
– 次世代のdependency resolver(依存性レゾルバ)のベータ版が利用できますので、是非テストして下さい
– wheelファイルからより早くインストールできるようになりました
– 非ASCIIファイルコンテンツを含むwheelの扱いが改善されました
– 並列化されたネットワークオペレーションによりpip listが高速化されました
– インストールされているパッケージには、ユーザーからダイレクトにリクエストされたかどうかに関するメタデータが含まれています(PEP 376のREQUESTEDファイル)

The new dependency resolver is off by default because it is in beta and not yet ready for everyday use. The new dependency resolver is significantly stricter and more consistent when it receives incompatible instructions, and reduces support for certain kinds of constraints files, so some workarounds and workflows may break. Please test it with the –use-feature=2020-resolver flag. Please see our guide on how to test and migrate, how to report issues, and context for the change.
– 新しいdependency resolver(依存性レゾルバ)はベータ版であり、通常利用には時期尚早のため、デフォルトでは無効になっています。また、互換性のない命令を受けた場合、今回のdependency resolver(依存性レゾルバ)は著しく厳格化されており、一貫した対応によりある種の制約ファイルに対するサポートが削減されてしまうため、一定のワークアラウンドやワークフローが壊れてしまう可能性があります。そのため、–use-feature=2020-resolverフラグでテストするようにして下さい。テストと移行の方法、問題の報告手順、および変更のためのコンテキストについては私たちのガイドをご覧下さい。

Please report bugs through the resolver testing survey.
– バグはresolver testing survey(レゾルバテストサーベイ)からご報告お願いします。

Thanks to all who tested the alpha of the new resolver in pip 20.1 for feedback that helped us get it to the beta stage.
– pip 20.1における新レゾルバのアルファ版をテストし、結果をフィードバックしていただいた皆様方に感謝します。おかげさまでベータステージに移行することができました。

We are preparing to change the default dependency resolution behavior and make the new resolver the default in pip 20.3 (in October 2020).
– 現在、デフォルトの依存性解決の振舞いの変更を準備しており、pip 20.3で新レゾルバをデフォルトでご利用いただける予定です(2020年10月)。

This release also partially optimizes pip’s network usage during installation (as part of a Google Summer of Code project by McSinyx). Please test it with pip install –use-feature=2020-resolver –use-feature=fast-deps and report bugs to the issue tracker. This functionality is still experimental and not ready for everyday use.
また、(McSinyxによるGoogle Summer of Codeプロジェクトの一環として)本リリースではインストール時のpipのネットワーク利用を部分的に最適化します。pip install –use-feature=2020-resolver –use-feature=fast-depsでテストし、issue trackerにバグを報告して下さい。本機能はまだ実験段階であり、通常利用できるまでには至っていません。

You can find more details (including deprecations and removals) in the changelog.
(廃止や除去を含む)詳細はchangelogをご覧下さい。

As with all pip releases, a significant amount of the work was contributed by pip’s user community. Huge thanks to all who have contributed, whether through code, documentation, issue reports and/or discussion. Your help keeps pip improving, and is hugely appreciated. Specific thanks go to Mozilla (through its Mozilla Open Source Support Awards) and to the Chan Zuckerberg Initiative DAF, an advised fund of Silicon Valley Community Foundation, for their funding that enabled substantial work on the new resolver.
pipの全てのリリースは、pipのユーザーコミュニティより多大なご協力をいただいています。コード、ドキュメンテーション、問題の報告、あるいはディスカッションなど、貢献いただいた全ての方に深い感謝の意を表したいと思います。pipは皆様のご支援によって進化し続けており、大変ありがたく存じます。特にMozilla(Mozillaオープンソースサポートアワード)やChan ZuckerbergイニシアティブDAF、そしてSilicon Valley Community Foundationの助言基金による財政支援により、新レゾルバの大規模開発が実現し、御礼申し上げたいと思います。

以上、ご参考ください。

公式SNS




PAGE TOP