Python次期試験「Python 3 エンジニア認定データ分析試験」のベータ試験を全国で実施

Python次期試験「Python 3 エンジニア認定データ分析試験」のベータ試験を全国で実施
~合格者は本認定、書籍セット割引チケットキャンペーン実施~

一般社団法人Pythonエンジニア育成推進協会(代表理事:吉政忠志、本社所在:東京都世田谷区、以下「Pythonエンジニア育成推進協会」)はPython次期試験「Python 3 エンジニア認定データ分析試験」を2019年8月27日~9月30日までの期間で、全国のオデッセイコミュニケーションズCBTテストセンターで実施します。また、試験問題はNECマネジメントパートナー株式会社が作成しました。

◆「Python 3 エンジニア認定データ分析ベータ試験」概要
試験名称:Python 3 エンジニア認定データ分析試験
概要:Pythonを使ったデータ分析の基礎や方法を問う試験
ベータ試験の目的:試験問題のフィードバックを得ることを目的に実施します。受験後に誤った問題や分かりにくい問題についてのアンケートにご協力いただきます。
受験料金:6千円(外税)
※8月1日より、以下のサイトにて、ベータ試験受験チケットと主教材をセット7500円(外税)で販売を開始します。
Python 3 エンジニア認定データ分析試験書籍セット割引チケットキャンペーン
https://aoten.jp/store/detail.html?no=a7500i_m190801

問題数:40問(すべて選択問題)
合格ライン:正答率70%
試験センター:全国のオデッセイコミュニケーションズCBTテストセンター
主教材:「Pythonによるあたらしいデータ分析の教科書」(翔泳社)
著者:寺田 学、辻 真吾、鈴木 たかのり、福島 真太朗(敬称略)

出題範囲:
主教材である翔泳社「Pythonによるあたらしいデータ分析の教科書」より以下の範囲と割合で出題する予定です。

問題数 問題割合
1 データエンジニアの役割 2 5.00%
2 Pythonと環境
1 実行環境構築 1 2.50%
2 Pythonの基礎 3 7.50%
3 Jupyter Notebook 1 2.50%
3 数学の基礎
1 数式を読むための基礎知識 1 2.50%
2 線形代数 2 5.00%
3 基礎解析 1 2.50%
4 確率と統計 2 5.00%
4 ライブラリによる分析実践
1 NumPy 6 15.00%
2 pandas 7 17.50%
3 Matplotlib 6 15.00%
4 scikit-learn 8 20.00%
5 応用: データ収集と加工 0 0.00%

◆ベータ試験について
8月20日より以下のサイトで一般受付を開始します。
https://cbt.odyssey-com.co.jp/pythonic-exam.html

※8月1日より、以下のサイトにて、ベータ試験受験チケットと主教材をセット7500円(外税)で販売を開始します。
Python 3 エンジニア認定データ分析試験書籍セット割引チケットキャンペーン
https://aoten.jp/store/detail.html?no=a7500i_m190801

※記載されているロゴ、会社名、製品・サービス名は、各社の登録商標または商標です。

 

PAGE TOP