古賀 優夏様のPython 3 エンジニア認定基礎試験合格体験記を公開しました。

◆合格者情報
・お名前:古賀 優夏
・エリア:関東
・合格された試験:Python3 エンジニア認定基礎試験

Q1:Python経歴年数とPythonに出会った際の第一印象についてお教えください。
1年半程度です。それまで「プログラミング言語」というものをほとんど知らなかったので、最初は「Python」が何のことなのかさっぱりわかりませんでした。Google検索するとどうやらプログラミング言語で、機械学習とかいうものができるようになるかもしれないことも知りました。Pythonでできることの可能性を知り、夢中で勉強したことを覚えています。

Q2:Python技術者認定試験を受けたきっかけと勉強方法についてお教えください。
<きっかけ>
転職をして今は人工知能開発企業で働いています。Q1でPython歴1年半とは書きましたが、前職は専門でプログラミングをしていたわけではなかったので非常に基礎的な内容しか理解していませんでした。Pythonの体系的な学習をする目的で試験の受験を決めました。

<勉強方法>
Pythonについての入門の本を読み、udemyというオンラインプラットフォームでで1つ動画を購入し勉強しました。その後は公認されている模擬試験を受験し、間違った部分は公式テキストに立ちかえって復習する勉強方法でした。

Q3:Pythonエンジニア認定試験を受けて満足していますでしょうか?
はい、とても満足しています。受験をして感じたこととして、この試験に合格したら「Pythonの全体像」を広く知ることができると思います。初心者にとってPythonはprintやfor文、関数とかが最初に勉強する内容だと思いますが、本当はできることがもっとたくさんあります。ただ、自分もそうだったのですが初心者の頃はそういう事実にすら気づく機会が少ないので、資格試験を通じて体系的に勉強できたことは非常に良い機会になりました。

Q4:会社からの受験補助や資格手当がありましたでしょうか?
No

Q5:Pythonエンジニアとして大事にしていることはなんですか?
正直Pythonエンジニアと語れるレベルにはまだまだないですが、他の人が見た時に「何をしているコードなのか」わかるように書く点は注意しています。例えば日本語で適宜コメントを入れておいたり、関数名を「何をしたいのか」が推測できるような名前に設定するといった点です。
また、技術的な面ではないですが「常に学び続ける」姿勢は大事にしています。まだまだPythonについて知らないことはたくさんあるので、キャッチアップを忘れないようにしています。

Q6:「Pythonic」について、一言お願いします。
Pythonicという概念は、「必要最小限の内容で人にわかりやすく伝えようとする」姿勢そのものを表していると私は思っています。今後自分が歴を重ねていったときも周りの人に対して「Pythonic」の気持ちを持てるように勉強を続けたいと思います。

Q7:Pythonエンジニアとしての今後の計画・夢・目標についてお教えください。
私は職種がエンジニアではないのですが、Pythonをしっかり使えないとエンジニアの方とのコミュニケーションもきちんととれないですし、自分の幅も狭まると考えています。今回の資格取得も糧により広く、深く勉強を続けていくことで、あらゆるデータの分析・機械学習の実装・その他テキスト処理や画像処理といったより広範囲な分野に精通していきたいと思っています。

関連記事

  1. 山本 明様のPython 3 エンジニア認定基礎試験合格体験記を…
  2. ノバシステム株式会社 林 昌弘様のPython 3 エンジニア認…
  3. 遠藤 秀一様のPython 3 エンジニア認定基礎試験合格体験記…
  4. 桝上 晃広様のPython 3 エンジニア認定基礎試験合格体験記…
  5. 株式会社日本経済社 久野 麻人様のPython 3 エンジニア認…
  6. 藤葉 秀介様のPython 3 エンジニア認定基礎試験合格体験記…
  7. 今村 知貴様のPython 3 エンジニア認定基礎試験合格体験記…
  8. 株式会社ユー・エス・イー 宮内 仁様のPython 3 エンジニ…
PAGE TOP