tk-endo様のPython 3 エンジニア認定データ分析試験合格体験記を公開しました。

◆合格者情報
・お名前またはハンドルネーム:tk-endo
・エリア: 関東
・合格された試験: Pythonエンジニア認定データ分析試験

Q1:Python経歴年数とPythonに出会った際の第一印象についてお教えください。
Python経歴年数は7か月ほどになります。
業務においての使用ではなく、個人利用において入力作業効率化などのために私用していました。
第一印象は、プログラミング言語はC、C++、Javaを仕事で利用した経験がありますが、Pythonの文法の考え方にありますようにシンプルに見やすいコードを書くために考えられた言語と感じました。
PyQなどを利用し理解を深めていくと記述方法も多種ある場合があり、今後より効率的に利用でき、将来的に業務で利用する日が近い思っています。

Q2:Python技術者認定試験を受けたきっかけと勉強方法についてお教えください。
Pythonエンジニア認定基礎試験を取得しており、データ分析についても興味があり、参考となるテキスト「Pythonによるデータ分析の教科書」やPyQを使っていき、自分自身のスキルを試してみるために、Pythonエンジニア認定データ分析試験を受けました。
勉強方法は、テキスト、PyQや実際にPythonの環境を利用し、動作を確認し理解しました。
また、模試を行い、間違った箇所については理解をし、説明できるまでを意識して繰り返し実施しました。
データ分析の場合は、数学の知識が必要ですので、その点は業務で数式を利用することがあり、振り返りつつ、確認していきました。

Q3:Pythonエンジニア認定試験を受けて満足していますでしょうか?
認定試験を通じて、理解しているつもりがまだ自分の中に落とし込めていないことが把握できるため、満足しています。

Q4:会社からの受験補助や資格手当がありましたでしょうか?
No

Q5:Pythonエンジニアとして大事にしていることはなんですか?
プログラミングにおいては、自分自身が後で振り返るためでもありますが、もしパートナーがいる場合のためにも、わかりやすくメンテナンスしやすいように、コーディングすることを大事にしています。
また、Pythonは様々なパッケージがありますので、まだまだ知識を深めて行く必要があるので、目の前の課題ややりたいことに対して、うまく組み合わせて活用する意識を大事にしたいです。
データ分析等においても今後活用されていくことが多くあると思うため、チームで共同で利用することも意識して、まわりと連携していくことも意識していきたいです。

Q6:「Pythonic」について、一言お願いします。
Pythonは今後もより活用されていく言語と思いますが、そのためにはプログラミングフィロソフィー「Pythonic」の考えは必要と考えています
一個人ではなく、多く人が活用していく上で共通意識を持ち取り組む上では必要なものですので、業務やプライベートでは忙しい時こそ、より意識することを心掛けたいです。

Q7:Pythonエンジニアとしての今後の計画・夢・目標についてお教えください。
Pythonは、様々な可能性があり、アプリケーション開発、機械学習やデータ分析において利用できます。
また、様々なパッケージやフレームワークが広まっていますので、最新の情報取集は行いつつ、エンジニアとしてのプロ意識を忘れずに、今後も成長していきたいです。
何か一つ身に着けたと思うとまた別の理解が必要なことがわかり、新たな発見があるので、その過程も楽しみつつ、スキルを社会に活かし、貢献していきたいです。

関連記事

  1. 放送大学情報コース ごっこ様のPython 3 エンジニア認定基…
  2. 森岡 隆正様のPython 3 エンジニア認定基礎試験合格体験記…
  3. アズマ様のPython 3 エンジニア認定基礎試験合格体験記を公…
  4. 株式会社メンバーズ 矢代 祥一様のPython 3 エンジニア認…
  5. 放送大学 教養学部 畠山 淳司様のPython 3 エンジニア認…
  6. 丸山 恵理子様のPython 3 エンジニア認定基礎試験合格体験…
  7. 結城 洸作様のPython 3 エンジニア認定基礎試験合格体験記…
  8. 梅村 恒介様のPython 3 エンジニア認定基礎試験合格体験記…
PAGE TOP