Pythonの腕試しチェック!Python実践試験開始

表記のコラムが日本の人事部で公開されました。興味がある方はご覧ください。

ー-

Pythonの文法基礎を問う試験であるPython3 エンジニア認定基礎試験(以下、Python基礎試験)を始めて5年がたち、お陰様で年間1万5千人前後が受験いただくようになりました。(2022年10月時点) 中には1企業で1000名を超える合格者を輩出いただいた企業もあり、著名な大学のパンフレットにも推奨教材として掲載されるようになりました。本当にありがとうございます。

大変普及しているPython基礎試験ですが、文法の試験としては基礎段階の試験です。仕事で使う方のPythonの学習度チェックとしてはPython3 エンジニア認定実践試験(以下、Python実践試験)をぜひ活用いただきたいです。

Python実践試験はPythonを実践的に使っていく上で重要な仕様やライブラリの使い方を問う試験ですので、実践レベルのPythonを考えるとここまではできたほうが良いというものです。

(この続きは以下をご覧ください)
https://jinjibu.jp/spcl/python-exam/cl/detl/4344/

関連記事

  1. 【人事部向けコラム】来年の新人研修にPythonをお勧めする理由…
  2. 人事部向けコラム)Python試験の合格率75%。試験勉強の重要…
  3. 人事部向けコラム)Pythonエンジニアの獲得方法について
  4. 人事部向けコラム)採用戦略としてPythonを活用する
  5. 【人事部向けコラム】データ分析のニーズがこの10年右肩上がり #…
  6. 人事部向けコラム)Python3エンジニア認定試験 勉強方法別 …
  7. 人事部向けコラム「非エンジニア向けのPython学習方法」
  8. 人事部向けコラム 人事部員がPython試験に合格する方法
PAGE TOP