人事部向けコラム)採用戦略としてPythonを活用する

当機構、代表理事 吉政による、表記のコラムが日本の人事部で公開されました。興味がある方は是非ご覧ください。
ーー
Pythonの2022年は何冠も取っていて、また、新たに若手が学びたい言語で1位になりました。過去にも将来性がある言語や今学んでいる言語、若手に学ばせたい言語などでも一位を取っています。興味がある方はネット検索してみてください。

確かに、このコラムで何回も書いていますが、Pythonは人工知能、機械学習、データ分析、ビッグデータ、インフラの自動化、Web等で中心的な技術として普及が始まっており、これらの分野はいずれも将来が約束されている分野です。

一方で今仕事で使っている言語で総合1位にはなっていません。いろいろなところで調査データが出ています。この1年で上位には上がってきていますが、既存の案件もあるので、まだ仕事での使用率1位にはなっていません。ただ、割と時間の問題のように思えます。

ここで、人事部の皆さんとしては、今仕事が増えていて、将来も約束されていて、若手が学びたい言語1位になっているPythonをどう扱いますか?

(この続きは以下をご覧ください)
http://jinjibu.jp/spcl/python-exam/cl/detl/4351/

関連記事

  1. 【人事部向けコラム】データ分析のニーズがこの10年右肩上がり #…
  2. 人事部向けコラム「非エンジニア向けのPython学習方法」
  3. 人事部向けコラム)Python3エンジニア認定試験 勉強方法別 …
  4. 人事部向けコラム「社員のデータ分析力を向上させることで会社の業績…
  5. 人事部向けコラム)Python試験の合格率75%。試験勉強の重要…
  6. Pythonの腕試しチェック!Python実践試験開始
  7. 人事部向けコラム)Pythonのお作法を無料でチェック!Pyth…
  8. 人事部向けコラム)Pythonエンジニアの獲得方法について
PAGE TOP