お知らせ一覧

  1. お問い合わせに対する制限事項について

    毎月かなりのお問い合わせを頂き、全てに迅速に対応したいのですが、回答できないような内容も多いため、以下の注意書きをいたしました。円滑な運営にご協力を宜しくお願いいたします。 恐縮なのですが、以下のお問い合わせについては回答しないことといたします。予めご了承ください。・試験に関係がないお問い合…

  2. 協賛会社に埼玉情報サービス株式会社が参加されました。

    協賛会社に埼玉情報サービス株式会社が参加されました。埼玉情報サービス株式会社については以下をご覧ください。http://sisk.co.jp/…

  3. Software Design 2018年1月号に「Pythonデータ解析試験」関連記事が掲載されます。

    Software Design 2018年1月号に「Pythonデータ解析試験」関連記事が掲載されます。###9月初旬,一般社団法人Pythonエンジニア育成推進協会で実施予定の「Python 3エンジニア認定データ解析試験」の準備座談会が開かれました。PyCon JP代表理事の寺田学氏と㈱…

  4. 認定スクールの株式会社ビープラウドが運営するPythonオンライン学習サービス「PyQ」に推薦コメントを提供しました。

    認定スクールの株式会社ビープラウドが運営するPythonオンライン学習サービス「PyQ」に一般社団法人Pythonエンジニア育成推進協会 代表理事の吉政忠志氏による推薦文が掲載されました。「PyQ」及び推薦文は以下をご覧ください。https://landing.pyq.jp/ml/…

  5. エンジニア向け研修のラインアップが豊富なTop Out Human Capital株式会社が認定スクールに参加されました。

    エンジニア向け研修のラインアップが豊富なTop Out Human Capital株式会社が認定スクールに参加されました。Top Out Human Capital株式会社については以下をご覧ください。Top Out Human Capital株式会社のWebサイトへhttps:…

  6. 当協会 代表の吉政忠志と認定スクールであるDive into Codeで教育責任者を務める中尾亮洋氏の対談記事がマイナビに掲載されました。

    当協会 代表の吉政忠志と認定スクールであるDive into Codeで教育責任者を務める中尾亮洋氏の対談記事がマイナビに掲載されました。「即戦力のAIエンジニアの育成を目指すDIVE INTO CODEの1000時間トレーニングとは?」###近頃、人工知能(AI)を取り入れようとする企…

  7. 認定スクールであるDive into CodeがPython3エンジニア認定基礎試験 模擬問題β版を本日無料公開しました。

    認定スクールであるDive into CodeがPython3エンジニア認定基礎試験 模擬問題β版を本日無料公開しました。お蔭さまで大変注目を集めた本発表は本文下段にある通り15メディアに掲載されました!なお、本模擬問題は一定期間のフィードバックによる品質向上の後、正式版として無料公…

  8. 合格体験記の応募要項を更新しました。

    合格体験記の応募をたくさん頂いており、感謝しております。一方で掲載が滞っており申し訳ございません。本日より、応募要項に以下の項目を追記しましたのでお知らせします。「※以下は各質問の回答として100文字程度以上、400文字程度以内で記載ください。」応募要項は以下をご覧く…

  9. FAQページを更新しました。(合格証の発送日について)

    FAQページに以下の項目を追記しました。Q:合格証はいつ届きますか?A:試験日から2カ月強の日程で試験センターであるオデッセイコミュニケーションズから発行されます。FAQページ:https://www.pythonic-exam.com/contact…

  10. コミュニティ運営規範「Pythonicな運営(Pythonエンジニア育成推進協会版 Ver1.0)」を採用

    一般社団法人Pythonエンジニア育成推進協会(代表理事:吉政忠志、本社所在:東京都世田谷区、以下「Pythonエンジニア育成推進協会」)は寺田 学氏(株式会社CMSコミュニケーションズ 代表取締役、一般社団法人PyCon JP 代表理事)起案によるコミュニティ運営規範「Pythonicな運営」をP…

カテゴリー

PAGE TOP